携帯電話の料金プランは細かすぎて良くわからない件

昔から携帯電話の料金体系は色々細かすぎてわけが解らず、ショップで薦められたプランをそのまま採用して「ま、いいか」で済ませていました。幸い、特にそれで問題があるわけでもなかったのですが、スマホの登場によってその事情も変わってしまいます。

 

とにかく高いんです。内訳を見れば「こんなの要らない」または「使わない」といったサービスに随分とお金がかかっているように思えました。
そこでどこか安いサービスはないかと調べていると、simフリーという言葉が目につき始めるようになってきたのです。simフリー端末を別に購入し、しかもそれは中古機でも構わないので予算は抑えられます。そしてそのsimフリー端末にsimカードを挿入すればスマホの出来上がり。

 

正直言って、こんな単純な仕組みになっていたのかと驚きました。大手のサービスに加入し、そこで端末を購入する事がスマホを使うただ一つの手段だと思い込んでいた、いえ思い込まされていたのでしょうか。

 

安い中古端末は数千円から一万円前後で手に入ります。そしてsimカードは月々が安いところでは1000円もかからないサービスもあるんです。これまで月々払い続けてきた何千円ものお金は一体何だったのかなって思ってしまいました。

 

ネットに繋がりさえすればそれで良いという私みたいな人は、普通のスマホでは要らないサービスが本当に多すぎたんですね。
ただ確実に時代には乗り遅れている気もするので、そのあたりは何とも言えないところです(笑)