スマホの乗り換えはキャリアメールの変更が唯一のデメリット?

携帯電話のキャリアを変更すると、メールアドレスは勿論の事を電話番号についても新しい番号になるため、電話帳に登録している人などに対して、電話番号が変更になることを伝えておかなければなりません。

 

仮に、電話帳に登録している人の数が100人になっていれば、頻繁に電話をしないで、頻繁に電話をする人にだけ伝えれば良いわけではなく、登録している人に対して電話番号を伝える事が必要になり、デメリットに感じてしまう人も多いものです。

 

しかし、mnpを利用する事で電話番号を変えずにauからソフトバンクと言った具合に、異なるキャリアへの変更が可能になるわけです。

 

但し、Eメールアドレスについては、携帯会社毎にドメインが異なるため、auからソフトバンクに変える場合には、アットマーク以降のドメインを変更した形で知り合いなどに事前に伝えておくことが大切です。

 

但し、アットマークから左側の文字列がauからソフトバンクに変更した際に、ソフトバンクの中で既に登録されているEメールアドレスの場合には、新しくEメールアドレスを作らなければならないと言ったデメリットが生じるケースが出て来るわけです。

 

ちなみに、auからソフトバンクに変更する事でキャッシュバックなどが在る場合には、お得なキャリアの変更になると言うメリットも在ります。

 

メールアドレスについてはキャリアメールを使っている人はかなり減っています。

 

代わりにgmailを使っている方が増えているので、mnpをきっかけに換えるのもありですね。
一度、gmailにしてしまえば、これから何回キャリアを変えてもメールアドレスの変更を連絡しなくてよいので楽ですよ。

 

あと、メールよりもLINEやツイッターやフェイスブックのDMを使う人も多いのでメールアドレスの重要性が下がってきているという事情もありますね。

 

電話番号がそのままなら、 ショートメール(SMS)も使えるしそこまで困ることもないかなと。